企業情報 沿革

1950年06月
日本製鉄株式会社 瀬戸内製鉄所 広畑地区(当時富士製鐵株式会社 広畑製鐵所)再開とともに廣畑築炉工業株式会社として発足
同製鉄所の窯炉整備を担当
1956年03月
技術設計部を創設しプラントの設計施工を開始
1963年04月
阪神事業所開設
1966年12月
タイにて連続式加熱炉を受注 以後韓国・インドネシアなどへ進出
1968年10月
社名を「株式会社 広築」と改称
1974年09月
北九州営業所開設
1977年06月
カタールへ加熱炉輸出
1978年04月
韓国へウォーキングビーム式加熱炉を輸出
1979年04月
ホリメシイ炉販売開始
1979年09月
飾磨営業所開設
1980年10月
福崎工場開設
1983年1月
東京営業所開設
1991年02月
ファインセラミック用大型真空炉第一号機受注
1995年11月
ホリメシイ関連商品アセアン地区マーケティング開始
以後同商品の海外輸出拡大
1997年09月
サブセンター開設
1999年06月
国際技術フォーラム(GIFA展/ドイツ)に機器事業商品出展
2000年02月
日本ラムタイト株式会社を吸収統合
2002年02月
株式会社中山製鋼所窯炉整備特命協力会社として事務所を設立
2005年08月
サブセンター拡張
2006年03月
タイに現地法人「HIROCHIKU ASIA (THAILAND) CO., LTD.」設立
2007年07月
東京営業所閉鎖
2007年11月
神戸支社開設、阪神事業所閉鎖
2011年12月
インドネシアに現地法人「PT.HIROCHIKU ASIA INDONESIA」設立
2016年04月
株式会社サーマル(本社:東京都板橋区)の完全子会社化
2018年11月
プロダクトセンター開設、福崎工場閉鎖
2020年4月
株式会社サーマルを吸収統合