金属熱処理装置 装置紹介

鋼の熱処理がしたい

一般熱処理
焼入れ
空冷
油冷
Aシリーズ
焼戻し
低温(~300℃) R-Lシリーズ
低温(~650℃) R-Hシリーズ
焼なまし Aシリーズ
表面熱処理
焼入れ
浸炭
浸炭窒化
窒化
SHシリーズ

ステンレスの光輝熱処理がしたい

焼入れ Aシリーズ
焼入れ(微細部品)
焼なまし
Cシリーズ

アルミニウム・鋼の熱処理がしたい

アルミニウム・鋼の熱処理 Nシリーズ

その他熱処理がしたい

加熱試験
微細用熱処理
サブゼロ処理
その他装置
乾燥 R-Lシリーズ
ろう付け Cシリーズ

Aシリーズ

多種少量部品の無酸化焼入れを行う小型熱処理炉の代表的機種です。
機械構造用鋼(炭素鋼・合金鋼)と工具鋼(冷間金型鋼・熱間金型鋼・プラスチック金型鋼)のそれぞれにもっとも適した機種を揃えています。
無酸化雰囲気の中で熱処理を行うことにより、酸化や脱炭を抑制することができます。

R-Lシリーズ

低温域での焼戻し・焼なまし・時効硬化処理・焼ばめ・ベーキング・各種乾燥処理に幅広く使用されています。

R-Hシリーズ

中温域での焼戻し・焼なまし・時効硬化処理・焼ばめ・ベーキング・各種乾燥処理に幅広く使用されています。また、アルミニウムの溶体化処理や時効硬化処理にも使用可能です。

SHシリーズ

表面を硬くし、内部に軟らかさを残して表面にかかったエネルギーを内部で吸収しやすくし、耐摩耗性を向上させる方法が表面硬化法です。浸炭焼入れ・浸炭窒化・窒化及びガス軟窒化処理に使用されています。

Nシリーズ

銅合金・アルミニウム合金・マグネシウム合金・チタン合金などなどの非鉄金属材料向けの熱処理炉は、水素・窒素・アルゴンなどのガス雰囲気を使用するとともに、熱風循環により高性能の温度分布を保証します。

Cシリーズ

プレス部品や機械加工部品の量産処理用連続熱処理炉は処理物の材質や形状により、種々の形式があります。Thermalの連続炉は、国内外に数百基の実績があり、あらゆる分野で活躍しています。またご要求により、製品サンプルの実験・試作を行い、最適条件をご提案できます。

その他装置

ロングヒットセラーの加熱炉・シェーカーハース炉・サブゼロ装置・アルカリ温水洗浄機をラインアップしています。

全自動繰返し焼戻炉TAF 製作模様

設計

自社設計装置なので細かな仕様変更が可能です。

装置製造

お客様の熱処理内容に合わせたプログラムを設定いたします。

製造工場

徹底した品質管理にこだわり、最高の製造品質を構築いたします。